2014年04月01日

とうちゃんず from 東京


ときがわ町での「とうちゃんず」活動を見た東京の方から

「自分たちも、とうちゃんずをやりたくて・・・」とご連絡を頂いてから2年。

数か月に一度、東京に行ったり、ときがわ町に来たり、と
とうちゃんず活動を続けてきました。

(「とうちゃんず from 東京」は、お母ちゃんが一人の時間を満喫できるよう、
 お父ちゃんが子供達を連れ出し、一緒に遊ぶという会です。

 ついでに、都会の人がアウトドアの技術を、子供と一緒に学ぼうということで、
 ボーイスカウトの隊長さんが協力してくれています。)

140330b.JPG

春休み、東京から2家族が参加し、ときがわ町で遊びました。

その時にお父ちゃん(Kさん)が、フェイスブックにこんなコメントを書いてくれました。

「・・・火の周りにて雑談をする。
 雨の音と、餅を網でやく音だけがする自然一杯の素晴らしさを、体感する。
 やはり人は自然から離れ、コンクリートの中にだけいるというのは
 無理があるかもしれない・・・」

140330a.JPG

また、この方は東京で建設関係のお仕事をされているのですが、
「泥団子が上手に作れる土は貴重なんですよ。都内だと砂が混じっちゃってるんで」
とおっしゃっていました。

改めて、外の目から見たときがわ町の良さを感じた瞬間でした。

こういう環境で子供達を育てられるのは幸せなことですね。

(ときがわ町でのとうちゃんず 
  http://tokigawa-machi.seesaa.net/category/9118837-1.html )



posted by 関根 at 14:15| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。