2016年01月29日

ときがわ町地名の由来


2016年1月28日(木)の埼玉新聞に、ときがわ町地名の由来が載っていました。

ポイントだけ抜粋すると・・・

===

・ときがわ町には、国宝の法華経を所蔵している慈光寺があり、宗教的な地名も多い。

・明覚の「覚」は、仏教的な意味。

・「別所」「五明」も様々な説があるが、宗教的な意味合いで理解できる。

・平安時代に、比企郡に「都家 とけ/つけ」郷があった。
 鎌倉時代に、源頼朝が「月田川」(現在の都幾川)に陣をはったとある。

 これら「つけ」「つき」が「とき」に、「都家」から「都幾」に変化していった可能性がある。

・「番匠」は、お堂を建てたりする工匠が住んだ所が地名になったという説と、
 戦国時代に、松山城主上田氏から「番匠大工」と認められた棟梁職達がいたという説がある

・解説は、教育委員会の石川生涯学習課長。

===

勉強になりますね。



posted by 関根 at 08:05| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。