2016年12月17日

玉中 吹奏楽部 保護者会

2016年12月17日(土)午前中、玉川中学校 吹奏楽部の保護者説明会がありました。

保護者会に参加した吹奏楽経験のある方から、こんな質問があったそうです。

「顧問の○先生の、吹奏楽に対する理念や想いを教えてください。」


それに対して、○先生は、次のように話したそうです。

「吹奏楽で、金賞を取るような学校は、“右向け右”みたいな感じで、
 軍隊みたいな感じの所もあります。

 玉川中学校は・・・この地域の雰囲気や生徒たちの様子から、
 それは合わないと思いました。

 なので、生徒たちに合わせた指導を心がけています。

 おかげさまで、生徒たちの頑張りもあり、
 今年は地区大会で金賞をとれました。
 
 この町は、吹奏楽を応援してくれていることを実感しています。
 あのアスピアホールも、無料で貸してくれて、他の地域ではなかなか無いことです。」

私は参加しなかったので、参加した奥さんからの又聞きですが、
だいたい上記のような内容だったようです。


吹奏楽の○先生も素晴らしいですし、こういう質問をされる保護者の方も素敵だと思います。
そして、こういう環境をつくってくれている町の人たちに感謝です。

IMG_7538.JPG

(後から参加したら、演奏も終わってて残念だった、息子二人)

posted by 関根 at 19:25| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

カンパニーデラシネラ 「ロミオとジュリエット」観劇


2016年6月18日(土)次女と長男が通う

ときがわ町立玉川小学校で、カンパニーデラシネラの演劇

「ロミオとジュリエット」の観劇会がありました。


文化庁の巡回公演事業の一環だそうです。

http://www.kodomogeijutsu.com/junkai/kouen.html


帰ってきた子供たちは興奮して、色々話してくれました。

こういう機会を作ってもらえるのは本当にありがたいことですね。


学校関係者の皆さん、ありがとうございました。

posted by 関根 at 05:57| Comment(2) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

玉小の運動会

2014年9月20日(土)

玉川小学校の運動会が開催されました。



今年も「組体操」が良かったです。

見ていて、何故か目頭が熱くなってきます。


お母さんたちが
「自分の子供がいなくても、組体操って感動するよね」
と言っている声が聞こえます。


玉小では、小学5〜6年生、男女合同で組体操をします。

練習を通じて、組み合わせや位置を変え、模索しながら
作り上げていくようです。

最後の全員ピラミッドもかなり試行錯誤したそうです。


組体操が終わり、生徒が走って退場した後、
先生たちが、輪になって喜び合っています。

先生たちの達成感もひとしおなのでしょう。


玉小の先生方は、なんとなく
チームとしてまとまっている感じがします。


---

玉小の運動会は、赤組、白組に分かれて勝敗を競います。

きょうだいがいる家族は、それぞれが同じ組になれるよう配慮してくれます。
(一つの家族で赤白と別れると応援がしづらくなるので)


赤白が得点を積み上げていく様子に、大人も盛り上がります。

今年は白組が勝ちました。赤組だったうちの子供達は悔しがっています。
こういう勝負の悔しさを味わえるのは、それだけ一生懸命やったからでしょう。

---

終わってから、保護者が残って、テントの片づけ等をします。
多くの保護者が残って作業をしているのが印象的でした。



今年もお疲れ様でした。先生たち、ありがとうございました。


140921.jpg

(運動会のこの時期に咲く彼岸花(曼珠沙華))

posted by 関根 at 07:06| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

読み聞かせボランティア

2014年3月12日(水)8時20分〜30分

玉川小学校で、読み聞かせボランティアに対する「ありがとう集会」が開催されました。

1年間読み聞かせをしてくれたボランティアに対して、
子供たちが感謝の気持ちを手紙にして渡してくれます。

私は、次女が小1の時からボランティアに参加させてもらっていますが、
「ありがとう集会」への参加は初めてです。

校長室でお茶を頂いた後、校庭に出て行きます。
子供たちが拍手で迎えてくれるのが、ちょっと気恥ずかしいです。

校長先生の挨拶や、図書委員のお礼の言葉のあと、
子供達からの手紙が渡されました。

140312.JPG

小5と小2のクラスからもらった手紙には、

・読み聞かせのある日はワクワクします。
・高学年なので読み聞かせがない日もあるのですが、
 読み聞かせがあると嬉しくて、チャイムが鳴っても聞きたいです。
・読み聞かせの後、元気になります。
・将来の夢は読み聞かせのボランティアです。

こういう風に思ってもらえるのは嬉しいですね。 来年もやります!

(読み聞かせの様子 http://tokigawa-machi.seesaa.net/article/279121633.html 

posted by 関根 at 13:39| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

スケート場が近くにあることで

2014年1月18日(土)夜

毎年恒例「ときがわ氷まつり」@上さスケート場に行ってきました。

140118h.JPG

駐車場が混むので、16時半ごろには会場入り。

140118i.JPG

毎年楽しみにしている肉まんやもつ煮。今年も美味しかったです。

イルミネーションも綺麗。

140118j.JPG


娘たちの同級生も多く来ていました。
皆、スイスイ滑っています。

(玉小では、小学校4年生から授業で、スケートをやっています。

『玉川小学校だよりH26.1.17』によると「県内で、学校の教育課程に
 スケートの学習を盛り込んでいるのは、ときがわ町だけではないでしょうか」
 とのことです。)


ときがわ町からスケート競技で国体に出た子も何人かいるそうです。

気軽にスケートができる環境があるお陰かもしれませんね。


寒い中、準備、運営、片づけにご尽力くださった町の皆さん、
ありがとうございました。

posted by 関根 at 10:24| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

マレーシアの高校生ともちつき会



2013年12月28日(土)

今年の年末年始は、マレーシアの高校生を、
ホームステイで預かることになりました。
(うちの奥さんには苦労をかけます)

大学院時代に知り合った方の紹介で、
国際ライオンズクラブ「ユースエクスチェンジプログラム」の
ホストファミリーになったからです。

http://www.lionsclubs.org/JA/our-work/youth-programs/youth-camp-and-exchange/index.php

子供たちが小さいうちに外国の方々との接点を作れたらということと、
せっかく日本に興味を持ってくれる若い人がいるなら、
ときがわ町の良さに触れてもらいたいと思ったのが、きっかけです。

マレーシアの高校生が来る日に、歓迎会として「もちつき会」を、
嵐山玉川ライオンズクラブの方々が企画してくださいました。

131228a.JPG

餅つきに挑戦するマレーシアの高校生。

131228b.JPG

つきたてのお餅はとても美味しかったです。


嵐山玉川ライオンズクラブの水谷会長をはじめとする皆さん、
本当にありがとうございました。

http://www.lionsclubs330c.gr.jp/ran-tama/index.html

posted by 関根 at 05:02| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

高木善之さんの講演会


2013年1月20日(日)

とうちゃんず仲間からの紹介で、NPO法人ネットワーク「地球村」代表
高木善之さんの講演会に参加してきました。

http://www.chikyumura.org/lecture/schedule/2013/01/20133000.html

町の活性化を目指す「ときのこのこ」主催、
ときがわ町と、ときがわ町教育委員会が後援。

講演会で印象に残ったキーワードを記録しておきます。

・考えさせない教育
・日本は10倍のゴミを出している(ばら売りにすれば減る)
・地球温暖化というより「高温化」
・減反政策により食糧自給率約3割
・エネルギー自給率4%
・TPPにより、国内法が無効となる(実質アメリカ支配)
・政府はGNPを上げるために動く
・ダウンアンペア、グリーン電力、小水力発電
・ドイツは林業により、100万人の雇用を生み出した
・環境問題は「自分は正しい」という態度では伝わらない
・Green Consumerを増やす

会場はほぼ満員で、私の席の近くには、
ご年配の方の姿も見られました。

講演会終了後は、高木さんの本や冊子を買い求める方で
売り場は大混雑でした。


主催された「ときのこのこ」さんはもちろんのこと、
こういう講演会を、町の協力で開催できるのは、素晴らしいと思いました。

私も自分にできることを続けます。

posted by 関根 at 04:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

コンサート

2012年7月8日(日)ときがわ町主催
「ソニックプライマリーコンサート in Tokigawa」
http://www.town.tokigawa.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=25700
に、娘二人を連れて参加してきました。

私は音楽のことは良く分からないのですが、
とてもエネルギッシュな演奏で良かったです。

コンサートに来ていたとうちゃんず仲間(音楽に造詣が深い方です)
から、以下のメールを頂戴しました。

===

●とうちゃんず仲間から頂戴したメール

関根様

 ご無沙汰しております。
日曜日にアスピアでお見かけしたので、
その件で私の思いを少し書きたいと思います。

 日曜日のコンサートはいかがだったでしょうか?
恐らく、素晴らしかったとお感じになられていると思います。

子供たちに小さい頃から素晴らしい音楽を聴かせたりすれば、
感受性豊かな大人に成長していく可能性が大きいと思います。

 もちろん私もそう思って、小2になった子供を連れていきました。
うちの子にとっても、管弦楽とピアノのアンサンブルを
聞いたのは、確か初めてのはずです。
 
 前置きが長くなりましたが、何を言いたいかといいますと、
日曜日の演奏会は非常に素晴らしかった、それもこの地域で
行われたものとして、久々に本格的で挑戦的な内容を伴った
素敵なものだったということです。

従来ですと、ときがわに来てくれる演奏者には、まず一流が来ない、
来ても手を抜いて奏でている、これが従来のパターンでした。

でも今回は違った。
手は恐らくそれほど抜いていないでしょうし、それ以上にプログラムが
挑戦的であり、中身も充実していたと思います。

要は田舎者にはわからないだろうって馬鹿にされていた面があったんですよ。
それをほとんどの観客は気がつかないで、知らないからこういうものだと
わかったような気で聴いてきていたのです、今まではね。

日フィルの楽団員が来るわけですから、彼らはかなりのレベルです。
しかも入場料が異常に安い。
恐らく都内なら2500円は下らないでしょう。
非常にお得なものだったと思います。

これが今後も続けばいいのですけどね。
そうすれば、地域のレベルを上げる事につながるのですが。

まとまらない文面になりましたが、久々に町が主催したものとしては
ヒットしたものになったと思ってメールした次第です。

忙しいところお読みいただきありがとうございます。

===
posted by 関根 at 07:04| Comment(1) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

玉川小での「本の読み聞かせ」ボランティア

2012年7月4日(水)8時〜8時40分

とうちゃんず仲間のMさんから話を聞いていた
「本の読み聞かせ」ボランティアに参加しました。

毎週水曜日の朝で、東京での予定の関係もあり、今年度はほとんど行けないのですが、
小学校から来た募集案内に「来れる時だけでOK」との表記があり、行ってきました。

朝8時ごろ、学校に行くと、外にいた先生方が
「おはようございまーす!よろしくお願いします」
と挨拶してくれます。

歓迎してくれているようで、嬉しかったです。

図書室で待っていると、ボランティアの女性の方々が入ってきます。
(学童保育でお世話になっていた方々でした)

「ブックスタッフ」という名札に、私の分も含まれています。

集まったメンバーで、どのクラスに行くかを決めます。
(私は次女がいる小1のクラスを担当させて頂きました)

8時20分、いよいよ各クラスに行きます。

前夜に娘達に読み聞かせた谷川俊太郎の「いちねんせい」を
持って小1のクラスに行きます。

クラスに入ると、子供たちは、教室の後ろにかたまって座っています。
ちょこんと、椅子が一つ置いてあり、これに私が座るようです。

次女が、嬉しそうな複雑な表情でいます。
知り合いの男の子が「あ!」とか言って、ニコニコしています。

副担の先生が「はい、ごあいさつして」と促し
皆が立って「おはようございます。よろしくお願いします」と挨拶してくれました。

椅子に腰かけ「〜のお父ちゃんです。今日はこの“いちねんせい”という本を読みます。
みんな、1年生だよね。 この本、知ってる?」と聞きます。

何人かの子が「あるー」「DVDでみたー」と叫んでくれます。

「そっかー、それじゃー、読むね」と、左手に本を抱え、読み聞かせを始めます。

本は短い詩で、1テーマ2ページぐらいです。

「わるくち」「あな」のあたりで、笑いが起こり始めます。

途中で、少し話しかけながら、読み進めます。皆、楽しんでくれているようです。

8時30分、チャイムがなります。

「じゃー、最後に、みんなが面白がってた“わるくち”を読もうかー」
皆、また笑っています。

8時30分すぎ、再度立って挨拶をして、読み聞かせは終了しました。

図書室に戻り、何を読んだかを、ノートに記入します。

ボランティアの女性から「どうでした?」と聞かれたので
「いやー、楽しかったです。面白いですね」と言うと、
「そうでしょー、やみつきになるでしょ。」と言われました。

確かに、やみつきになりそうです。

今年度は、東京での予定がある関係で、少ししか参加できませんが、
時間ができた時は、なるべく行こうと思います。

posted by 関根 at 22:06| Comment(2) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

玉川小の入学式

2012年4月9日(月)快晴
次女(6歳)の玉川小学校入学式に参加しました。

025.JPG

029.JPG

木の階段。

033.JPG

木の教室。

037.JPG

これからの学校生活を楽しんでください。

posted by 関根 at 14:58| Comment(1) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする